7月の一覧に戻る
トンボソウトンボソウ
栗駒山、その他
トンボソウ
<蜻蛉草>
ラン科 ツレサギソウ属
生育地:林床
花期:7〜8月
湿気のある林床や草地に生える多年草。 草丈:15〜35cm
根元に互生する2個の葉は狭長楕円形〜倒披針形、茎葉は4〜5個で小鱗片状。淡緑色の花を穂状に20個ほど付ける。苞は狭披針形で子房より長い。背萼片は広楕円形、側花弁は狭卵形で2個はかぶと状になり、側萼片は開出する。唇弁は3裂し、側裂片が小さく横に出てT字形となる。距は細く下に垂れ下がる。
花の形がトンボに似ていることからの名。